無添加・オーガニックだから良い!は間違い?

近年、化粧品の中で無添加やオーガニックという言葉を耳にするようになりました。一言で理解すれば、身体に優しい成分がいっぱい入っているのだろうと思う人が多いかもしれませんが、しかし残念ながら全てのそうした化粧品に適合しているわけではありません。オーガニックとは何か?又無添加とは、何が無添加なのか?しっかり一つ一つの商品を理解した上で購入することが重要です。それでは、まずこれらの言葉の意味について学んでいきましょう。

 

オーガニックと無添加の意味とは?

英語では、このオーガニックを直訳すると組織的な・有機的な・生物の・器官の・無農薬のという広範囲な意味を持ち、現在日本ではこのオーガニックという意味は、有機農法や無農薬栽培のことを意味することが多いです。
一つの例として、オーガニックコットンがあります。有機農法で栽培され、化学的加工が行われていないコットンであり、ベビー服に広く用いられるようになりました。
JAS規格によっても農産物やその加工品について有機物やオーガニックと表記をする場合は、有機JASの審査に合格し、さらには有機JASマークを表示しなくてはいけなくなりました。

 

又無添加とは、防腐剤や着色剤等の自然界に存在しない合成物質が入っていないもののことをさします。こうした合成物質の毒性や発癌性を患う人が増加したことにより、無添加の商品が開発されるようになりました。多くの食品以外にも、人工の防腐材料や着色料・香料を添加していない化粧品も増えてきているのです。

 

オーガニック化粧品とは?

オーガニック化粧品とは、化学肥料や農薬を一切使用せずに栽培された有機素材で作られた化粧品のことです。素材そのものの効能を利用して、本来人間が持つ自然治癒力を高めながら肌ケアをするのが目的で、お肌への影響が軽減された商品です。

 

このオーガニック化粧品には、肌に刺激を与えやすい化学物質が含有されていないため、肌に優しく、敏感肌の人でも肌荒れや乾燥肌になりにくいという特徴を持っています。

 

オーガニック化粧品にも、多くの種類が存在し、販売されてきています。無添加・天然由来成分にも、様々な素材を聞くようになり、どれが身体に良いのか迷うことも多々あるのではないでしょうか?主に含有されている天然素材の成分にも、様々な種類があるのです。

 

無添加・天然由来とオーガニックの違いとは?いったい何?

無添加や天然由来以外に聞く、このオーガニックとはいったい何が異なるのでしょうか?細かく見ていきましょう。

 

無添加のものというのは、防腐剤や着色料・石油系界面活性剤などの人工物質が含まれていない化粧品のことをいい、天然由来というのは、天然素材を加工を施し、精製しているという違いがあります。つまり、無添加の化粧品は、化学物質が含まれていない化粧品のことであり、天然由来の化粧品は、天然成分が含まれた化粧品という意味です。

 

又オーガニック化粧品は、有機栽培で作った有機素材の成分のみが含まれた化粧品のことをさすので、それぞれにおいてどれも似たように感じますが、微妙に違いがあるのです。そのため、それぞれに良さがあり、どれが一番ということはありません。もし順位を付けるのなら、自分の肌によって順位を付けるべきでしょう。

 

残念ながら、無添加や天然由来と聞けば、化学物質が全くないと思いがちですが、決してそうではありません。どれも含まれているのです。だからと言って、お肌にやさしくないというわけではなく、化学物質の成分をなるべく抑えた化粧品になっていることを覚えておきましょう。

 

オーガニック化粧品を選ぶ上での注意点!

オーガニック化粧品は、本当に安心して使用できる成分のみなのでしょうか?実は、一概にもそうとは言えません。。オーガニック化粧品にも懸念点であり、不安な側面でもあるのです。人は、合成成分のみならず自然界に存在する植物や食べ物でアレルギー反応も起こします。いくら無添加のものや天然由来のオーガニック化粧品でも、アレルギー体質の場合、その天然素材によるアレルギーが存在するからです。例えば、そばの実や乳製品・大豆のアレルギーがいい例でしょう。どんなに体に良い成分を使用していたとしても、人によってアレルギー反応が出てしまうのです。そのため、どんな天然成分が使用されているのか把握しておく必要性があるのです。どんなにオーガニックという響きのいい商品であっても、、天然成分との相性が悪ければ肌に影響が出てしまうのです。オーガニック化粧品だからと言って安心しないで下さい。オーガニック化粧品でも、購入する際、自分の体質や肌に合ったものを選定することが重要なのです。